野菜中心の食事にしています。

私は、35歳の女性です。結婚はしていませんが、付き合っている彼と、同棲しています。もう、6年になります。食費は、私が払っています。彼は、外食が食が好きで、自炊するときに節約しています。節約の方法は、

まず買い物の回数を減らすことです。一週間で5000円以内と決めています。週に、2回買い物をします。二人分のお弁当も含まれます。お弁当は、冷凍食品は、ほとんど使いません。卵焼きなど、片栗粉とマヨネーズをいれて、卵を20個入れて、いっきに作り、小分けにして冷凍しています。鶏肉や豚肉など安い時に買いだめして、お弁当用に味付けして、調理したものを冷凍しています。あと、閉店間際のお惣菜の揚げ物を買い込んで、お弁当用に冷凍しています。ご飯を、作る時も、野菜を多く入れて、お肉を少ない目に入れて調理します。使えるのが、キャベツで、千切りにしてサラダや、浅漬けの素でお漬け物にしたり、野菜炒めや焼きそばに入れたりと重宝します。なるべく、一つの食材で少量ずつ色々なレシピを、作ります。そうすることに、よって味のバリエーションができるので、飽きずに美味しくたべれます。瓶詰めの生姜やニンニクも、色々味の変化も、つけれるし使いたい分だけ使えるので節約になります。

銀行カードローン 審査

冷凍庫を使った節約方法

ちょっと金欠気味だなあ、と思った時に食費を切り詰めるというのはとても有効です。安売りをしている時にまとめて食材を買って、まとめて作れば光熱費の節約にもなります。どうせならば使い回しのきく食材の方が無駄にならないのでいいと思います。

オススメの冷凍メニューは、焼きそばと回鍋肉と豚キムチの3種類を一緒に作るという方法です。これらは豚肉やキャベツなど共通する食材があるのでかなりいいと思っていて、よく作っています。しかも、一度にそれぞれを大量に作ると更に節約になります。

まず最初に豚肉を全部フライパンで焼いてしまいます。それからその油でキャベツも炒めてそれぞれ別々の皿に置いておきます。このように同じ食材を一気に火にかけてしまった方が早いですし、余計な手間も省けます。あとはそれぞれのメニューをフライパンで作って、最後に豚肉とキャベツなどを混ぜて完成です。全部冷めるまでそのままおいておいて、ラップに一食ずつくるんで冷凍庫に入れれば終了です。たくさん作れば一ヶ月は持つと思います。食べる時には取り出して電子レンジに入れるだけなのでとても楽ですし、お腹に結構たまるので金欠でも乗り切れるメニューだと思います。即日キャッシング 無審査