楽天の在籍確認とその特徴

楽天銀行カードローンで申込をした時には、電話は行きます。安定的な所得の有無を確認するために、電話は行く事になるのです。

そしてこの銀行の場合は、名乗りは基本的に個人名ですね。人によっては楽天銀行カードローンと名乗られるのは困ってしまうと思いますが、この銀行の場合は個人名になる訳ですね。ですのでプライバシーなどには、基本的には配慮される事になります。

しかし相手から尋ねられた場合は、話は別です。例えば「鈴木と申しますが、佐藤様はお手すきでしょうか」などと伝えられた時に、電話の受け手が「どちらの鈴木様ですか」などと質問をしてくる事もあります。その際には、この銀行の場合は社名は出ます。楽天銀行の鈴木という名前が必ず出てくる訳ですね。このように聞かれた時に社名が出てくるのが、楽天銀行の特徴と言えます。

ちなみに主婦の場合は、話は別になります。この銀行の場合は主婦でも申込みをする事ができるのですが、その際にはそもそも電話が行きません。あくまでも主婦以外の属性の方のみ、上記のような電話確認が行く事になるのですね。世間には数多くの金融会社がありますが、その中でもこの銀行はかなり珍しいシステムを採用している方ですね。

楽天の4つの返済方法

楽天銀行カードローンで返す方法は、全部で4種類になります。まずATM機器を用いる方法ですね。楽天銀行と提携している機器であれば、いつでも返済をする事ができる訳です。 ちなみにATMを用いるとなると、手数料が有料になるかどうかを気になる方もいらっしゃるでしょう。この銀行の場合は、基本的に手数料は無料になります。ちなみに1,000円単位で返していく事ができます。 そして2つ目の方法は、インターネットですね。会員サイトにログインをして、所定の操作を行っていく事で返していく事もできる訳です。 そしてインターネットの方法の場合は、最低入金額が特徴的です。1円でも返済をする事ができるのですね。1,000円で返済をするのは難しくても、1円ならば問題ない方もいらっしゃるでしょう。小刻みに返済できるのは、インターネットのメリットの1つと言えます。 3つ目は、銀行口座に直接入金する方法になります。ただしその方法では手数料が発生しますので、注意が必要です。 そして残り4つ目の方法ですが、銀行引き落としになります。12日や27日など色々な返済日があるのですが、その日になると自動的に口座から引き出しされる方法になります。うっかり忘れるリスクは小さめですので、その方法を活用している方はとても多いですね。