高齢者の運転免許返納について思う事

交通事故の多発を受けて【高齢者の免許返納】が盛んに取り沙汰されています。確かに免許を返納しさえすれば運転の機会がなくなりますので、交通事故自体は減少していくでしょう。しかし、大事なのは返納した後の高齢者の生活をどうやって守っていけばいいかという事です。高齢者も人ですので、生活していくためには外出しなければなりません。都会ならいざ知らず、公共交通機関の発達していない田舎では、車を奪われてしまった高齢者は確実に孤立していきます。通院の問題などもあるでしょうが、もっと切実なのは【食料品の調達】です。その問題があるために、返納したいが返納できずにいる高齢者も数多いでしょう。
私が一番効果的な対策だと思うのはネットスーパーの拡充です。しかし、高齢者であるが故に機器を使いこなせず利用できない人も多いでしょう。そのために政府・自治体・企業が音頭をとって、タブレット端末などの無料配布・操作方法の無料講習などを広めていってはどうでしょうか。タブレット端末に毎日の生存確認が出来るようなシステムを入れておけば、孤立死などの問題も解消していくでしょう。総量規制対象外 銀行カードローン審査
もしかするとすでに積極的に取り入れている自治体もあるかもしれません。しかし、全国的にそのような動きが浸透しているとは思えません。各自治体に任せておけばいいという問題ではなくて、政府が先頭に立って旗を振っていく必要があるでしょう。そうすれば免許返納によるデメリットも少なくなり、返納しやすくなる高齢者も増えていくと思います。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/sawakani86/carnivorousplantsoftexas.org/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
未分類

コメントを残す