白紙撤回で歓喜!でもぬか喜びかも・・。

新国立競技場の建設問題、当初の予定の倍近くの工事費がかかることが分かりました。新国立競技場は開会式・閉会式が行われる、いわば東京五輪の顔になる施設です。ですからお金が倍かかっても、世界に誇れるようなものを作ってほしい・・なんて思う人はほとんどいないと思います。事実私の周りでも、絶対負の遺産になるよね、って話をしています。ですから今回安倍総理が白紙に戻す決断をした事に拍手を送りたいです。

私は単純なので、すぐに喜んでしまいましたが、冷静な主人は、「白紙にするのはいいけど、何か考えはあるのか?今回白紙にしたのは、下がってしまった支持率を上げるための、人気取りでしかないんじゃないか・」って言っています。そう言われたらそう思えてきました・・。結局当初の案通り、かなりの血税をかけて建設するのではないか、そんな風にも思えます。

もし本気で見直してくれるんだったら、奇をてらったというかオシャレな競技場じゃなくって、日本らしい質実剛健でシンプルな作りにしたらどうでしょうか?そうすれば納期も工事代も削減できると思います。

デザイナーも、海外の個性的な人よりも、日本で生まれて育った人でコンペすればどうかなって思います。もしくは、大人から子供まで、一般の人から簡単なデザインを公募して、そのなかで優秀なものをプロが仕上げるとか。そうすれば、国民ももっと関心を持って、協力的な気持ちになってくれるんじゃないかと思います。カードローン在籍確認

コメントを残す