円高が進むことについて

最近、ここ数年の日本経済を広く見回してみると、円高だと景気が悪くなって円安だと好景気になるような傾向があります。確かに日本経済は輸出によって支えられている面が強いので、輸出企業を中心として、円安を喜ぶ傾向は間違いなくあるでしょう。実際、円安が進むと海外に日本の商品が高く売れることになりますので、円高より円安が好ましいことは仕方がありません。
しかし、このように為替相場の動向によって左右される好景気など、本当の好景気であるとは言えないでしょう。真に実力のある国際企業なら、たとえ円高が進んでも対処できるはずです。そして円高や円安に左右されることなく、常に会社の水準を一定以上に保ち続けることが出来るはずです。
それに円高が進むということは、海外の様々な物を安く買えるようになるのですから、このメリットをもっと最大限に活かすようなビジネス展開をすべきです。それこそは真に日本企業に求められる基本姿勢なのではないでしょうか。プロミスの審査に通過するために必要な3カ条!
それゆえ結論として言えることは、もっと日本全体が円高のメリットを活用すべきだということです。そうすれば、いちいち円高を警戒する必要は無くなるでしょうし、為替相場の動向を過度に気にする必要もなくなることでしょう。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/sawakani86/carnivorousplantsoftexas.org/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
未分類

コメントを残す